記事一覧

究極の不妊治療

治療

ドナーの探し方

数々の不妊治療を行っても子供のできない夫婦にとって、「究極の不妊治療」と言われているのが卵子提供です。若い女性に卵子を提供してもらえば、年老いた夫婦でも子供を持つことができます。どのぐらいの年齢まで子供ができるかについては個人差があり、いくつであれば必ず子供が生めるという保証はありませんけど、可能性があります。卵子提供を利用するのに高齢の女性が多い理由ですが、それまでさまざまな不妊治療を行った上で、最終的に卵子提供が選ばれているからです。卵子提供を受けるという決断を下すまでに、そうとうな時間がかかっているということでしょう。卵子提供で難しいと言われるのは、ドナー探しです。日本では、生まれた子供の母親が誰かという倫理的な問題がハードルになっており、法整備なども進んでいない様子です。そこで日本ではなく、ハードルの低い海外で卵子提供を受ける人が増えています。海外のドナー提供先で多いのは、医療先進国のアメリカということです。アメリカに続くのは、マレーシアです。日本だと自分でドナーを探す必要がありますけど、不妊治療が進んでいる海外だと、エージェントがドナー探しをはじめとして、手続きをすべて代行してもらえます。不妊治療を依頼するために海外に行く必要はありますが、エージェントに依頼することで、安心して子供を生むことができるでしょう。日本ではなく、海外で卵子提供を受ける人が多い傾向があるのは、このような事情によるものでしょう。